FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の午前中、高嶺ルビーの種まきを行ってきました。

この高嶺ルビーとは、「そば博士」の異名を持つ信州大学名誉教授の氏原暉男さんが何年もの歳月をかけ、株式会社タカノと共同で開発した日本で初めて紅い花を咲かせたそばとして有名な品種です。

もちろん食用にもできますが、収穫量が通常のそばに比べて約3分の1と少ないため観賞用に用いられることも多いようです。

かねさま蕎麦会でもほ場の入り口を彩る観賞用としてこの高嶺ルビーを育てています。

時期になればこの道の両脇に紅い花が。



こちらが高嶺ルビーの種です。

一見すると普通のそばの種と同じ?






種の量が限られているため、作付けできる範囲はほんのわずか。

畑の脇数メートルに種を蒔いていきます。





種を蒔いた後はトラクターで軽く耕運します。

今は殺風景なこの畑ですが開花の時期が楽しみです。










ちなみにこちらが昨年咲いた高嶺ルビーの花。


今年も昨年以上にきれいな花を咲かせてくれることを願います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。